《認知症とは》
認知症とは、正常に働いていた脳の機能が低下し、記憶や思考への影響がみられる病気です。
認知症は、正常であった記憶や思考などの能力が脳の病気や障害の為に低下していく障害です。

ひとえに“認知症”といってもいくつかの種類があります。
その中でも1番多いとされているアルツハイマー型認知症は、
男性より女性に多くみられ、
脳神経が変性して脳の一部が萎縮していく過程でおきる認知症です。

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害による“血管性認知症”は
比較的男性に多くみられ、全体的な記憶障害ではなく、一部の記憶は保たれている「まだら認知症」が特徴です。
症状は段階的に、アルツハイマー型よりも早く進むことがあります。

初期は、加齢による単なる物忘れに見えることが多いでしょう。
しかし、憂うつ、外出をいやがる、気力がなくなった、被害妄想がある、話が通じなくなった、
外出すると迷子になる、お金の勘定ができなくなったなどのサインが出てきたときには、専門機関に相談してみましょう。


厚生労働省「知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス」より引用